最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

タグ

パソコン 情報 Windows ニュース WEB アイテム サービス ソフトウェア ハードウェア PC

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキング FC2ブログランキング

マイクロソフトが1月の月例パッチを公開

マイクロソフトは14日、1月の月例セキュリティ更新プログラム1件を公開した。
公開された修正パッチは、SMBプロトコルに関する3件の脆弱性を修正するものとなっている。

○緊急
SMB の脆弱性により、リモートでコードが実行される (958687)

脆弱性の最大深刻度は、Windows XP/2000およびWindows Server 2003では4段階で最も高い“緊急”、Windows VistaおよびWindows Server 2008では4段階で上から3番目の“警告”となっている。

この修正パッチは、Windowsネットワークのファイル共有プロトコルServer Message Block(SMB)の3つの脆弱性を修正するセキュリティアップデートで、3件のうち2件は、特別に細工されたSMBパケットを受信した場合に任意のコードを実行させられる可能性があるものだ。
ネットワークに接続しているだけでウイルスなどに感染する可能性がある、危険度の高い脆弱性となっている。

マイクロソフトの脆弱性分析によれば、理論上は可能であるものの、実際には、今回の脆弱性を突いて、悪質なプログラムを実行させるのは非常に難しいという。悪用しても、Windowsの正常な動作を妨害するだけで、ウイルスに感染させることなどは困難であるとしている。
ただ最大深刻度は“緊急”と評価されている通り、早急なパッチ適用が推奨されている。

2009 年 1 月のセキュリティ情報

関連URL
マイクロソフト、1月の月例パッチ1件を公開
マイクロソフト、Windowsの「緊急」パッチ公開:ニュース
マイクロソフト、SMBプロトコルの脆弱性を修正 :ニュース - CNET Japan 人気blogランキング FC2ブログランキング

スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://pcinfocenter.blog81.fc2.com/tb.php/355-e234386b

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。